住野よる。

今日は朝 映画に。

『君の膵臓をたべたい』

これは 前にSNSをやっていた頃の友達さんがこの『君の膵臓をたべたい』の本を読んだってつぶやいてらっしゃって

私も読みたいなぁ…なんて

しばらく思っていたのだけど

忘れていた頃に←最近このパターン多い(笑)

映画上映してる事を知って

今日 行ってきたのです。

内容は 思っていた通り でした。

でも 『お涙ちょうだい』的でもなく。

始めのウチは 正直

私は 男の子の性格がわかりづらく

(回りにはいないタイプ?)

女の子も 病気なのに

ヤケに明るくて・・・

まぁ だから 物語としては

面白いのだとは思うけれど

で 始めの方は

穿った見方というか(笑)

大人の見方というか(笑)

ちょっと あんまり

入り込めないなぁ。。

せっかく 泣こうと思ったいたのになぁ。。

なんて 思っていたんですが

途中から

彼らの言葉が だんだん 身に染みてきた…

みたいな感じになってきて

やっぱり

泣いてしまいました。

私の隣に

やはりお一人でいらっしゃっていた女性も

私が泣いた 5分後位に

鼻をすする音が・・・

きっと その女性も

私と同じ気持ちだったんだわ。

気が合いそうだなぁ…

なんて思いながら 観ました。

途中で 予想していたのと違う形の展開には

びっくりしましたが

ネタバレになるので

ここには書かないでおきますね。

映画終了後

立川パンカフェで検索して

前から気になっていた

『シンボパン』っていうお店に。

http://tachikawatimes.com/shinbopang.html/

食べてる途中 おばさんが

自転車見てください〜。なんて言って

お店に入っていらっしゃいました。