散歩6心は何処にあるのか?

こんばんは、散歩家のきくちです。

今回のテーマは心です。

今日も散歩しながら、大切なことに気づいたことがあります。

心は何処にあるか?

英語で心を調べてみると

マインド頭

ハート胸

の2つがありました。

そういえば、高校の国語の授業で心は何処にあると思いますか?

と先生が生徒に質問していました。

男子は頭と答え

女子は胸と答えていました。

当時の俺は頭が思考を作り出しているから心は頭にあると思っていました。

心が胸にあるなんで、少女漫画かよ笑と笑っていました。

しかし、大人になって心は胸にあるかも知れないと思い始めました。

それは、当時大好きだった彼女と大失恋をした時に自分でも信じられない位に号泣してしまった経験があるからです。

俺は当時やりたいことがあって、その為には東京に行く必要があると考えていたので、

彼女と別れる気は更なかったんだけど、彼女は遠距離で一度失敗しているから付き合い続けるのは無理ということで、泣く泣く別れるという選択をお互いにしたわけなんだけど

それでもお互いに好きという気持ちが消える訳ではなく、形上は付き合ってはいないんだけど、付き合っていた時と同じような関係が俺が上京してからも2年半ほど続きました。

その後、俺にも東京に来て素敵な娘に出会ったりして、元カノとの関係をこのままズルズル続けてて良いのだろうか?という思いになり、元カノも元カノの方で色出会いがあり、アプローチもされているみたいで、その事に対して俺はもう彼氏でもないし、立場上何も言えないんだよなと思っていたので、元カノに対して良いじゃん、付き合ってみればと言いました。

多分、元カノは少しショックを受けていたと思います。

というか、相手のことを思いながら本当は自分が今の状況から解放されたかっただけだったんですよね。

そして、一月後に帰省をして会うことになりました。

なんか、身なりが以前と違うことに気づきましたなんか、ケバいなと。

食事を一緒にしている時に元カノから実は彼氏が出来たのと話し始めました。

冷静な態度を装いながら、頭ん中はテンパりっぱなしでした。

いや〜人は手に入らないものに対しての欲求っての凄いですね。

自分の手の内にいる時は気付けなかったことも、失って初めてその大きさに気付くという。

その後、半泣きで東京に戻り、家についた途端に堰を切ったように号泣していました。

自分でも信じられないくらいです。

今までの自分は全て頭で理論建てて損得勘定して感情なんて殆どないんじゃないかと自分でも思っていたので、こんなにも感情が爆発すること自体が信じられなかったです。

もう理性ではどうしようもない、頭では分かっていても感情がそれを拒絶する。

感情だけが洪水のように溢れてくる胸が苦しいぃ

その時ですね、心ってホントは頭にあるんじゃなくて胸にあるんだって気付けたのは。

日本の表現でもありますよね。

胸が躍る

胸がざわつく

胸が痛い

etc

だから、

大切なのは頭マインドで考えるよりも胸ハートからのサインなんですよ。

あなたにとっての本当の正しい答えを知りたのであれば、あなたのハート胸に聴くしかない。

その為に俺は日散歩を通して、自分の中にあるサインに耳を澄ましているんです。

では、今日も散歩