棋聖戦予選長岡裕也五段、真田圭一八段戦

棋聖戦予選一回戦長岡裕也五段戦です。

先手が長岡五段となり、戦型は角換わりの急戦となりました。

早い▲3五歩の突き捨てから▲4五桂跳ねでしたが、こちらも用心しているところなので指し過ぎではと感じていました。

第1図は玉型が不安定ですが、歩得が大きく後手有利ではと思っていました。

いつでも先手から▲5五角があるので、第1図で△5五角と先着しましたが、微妙なところでした。

第1図ではじっと△1五同歩と面倒を見るところだったのでしょうか。

本譜は△5五角▲2七飛△2五桂▲2六銀△3六歩▲3五銀△3七歩成▲6七桂の展開です。

最後の▲6七桂をうっかりし、ここで逆転模様となりました。

途中△2五桂から△3六歩は重かったですが、△2五桂で△3六歩は▲同銀△1九角成に▲3五銀や▲4五銀が嫌みです。

また△3六歩で△1九角成も▲3五銀で後手大変に思いました。

▲6七桂以下は△5四銀と辛抱し、▲5五桂△同銀となりました。

以下は▲2六飛でも▲2九飛でも後手大変に思っていました。

ここで長岡五段は長考で▲1四歩にはビックリでした。以下△2七と▲1三歩成△3四銀▲同銀△同玉で後手有利になったと思いました。

ただここで本譜は▲7一角△9二飛▲4一銀△4六桂で後手良しになりましたが、▲7一角で単に▲4一銀なら難しかったようです。

本譜は中段玉が寄せにくく、94手で勝つことが出来ました。

予選二回戦は真田圭一八段戦です。

真田八段が先手となり、戦型は相矢倉の森下システムになりました。

私は△9四歩から△6四角で様子を見る指し方を選びましたが、△7三桂に▲9六歩からは模様が難しい展開でした。

第1図は中盤戦から終盤に入るところですが、やや後手が苦しい展開です。

第1図で△2二金なら▲1八龍△1七歩▲2八龍で長い戦いですが、▲6五香など見せられてまとまらないと思いました。

本譜は第1図以下△4八馬▲1三香成△2二銀▲1四桂△1三銀▲同龍△5八銀▲1一龍△4二玉▲2二桂成で後手劣勢で、以下95手で負けとなりました。

△4八馬はしかたないと思いますが、▲1三香成のとき次の一手をどう指すかわからなかったです。

ここで秒読みになり△2二銀を指してしまいましたが、敗着でした。

ここは△2一銀▲1一龍△2二金と成香に当てるのが勝負手でした。

これでも後手不利とは思いますが、感想戦でも結構きわどい将棋でした。

他にも△2二銀打などいろいろあったと思います。

本譜は△2二銀に▲1四桂が好手でした。