12日に誕生した東京・上野動物園の赤ちゃんパンダ 検査の結果、メスと判明

「パンダの赤ちゃん、メスと判明 上野動物園

https://news.SNS.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4634364

 ニュース(朝日新聞デジタル)によりますと、上野動物園で12日に誕生したパンダの赤ちゃんの性別が、雌(メス)だと分かった事が園が23日、発表しました。22日に3回目の身体検査を行い、中国のジャイアントパンダ保護研究センターから招いている専門家と確認したということです。

 パンダの性別はわかりにくく、上野動物園では1991年、2頭の子供パンダの性別があべこべだったことがあった過去があり、今回は中国に画像も送り、意見を聞きました。

 名前はこれまでと同様に公募で決める予定で、前回の29年前は、生まれてから約3カ月後に1カ月間募集して決めました。

 身体検査の結果、体重は2回目の17日より105g105重い283.9g、頭の先からしっぽの付け根までの体長は1.2cm長い17.6cmでした。