不正折り返し乗車

不正折り返し乗車が問題になっているそうです。とある駅から上り列車に乗って目的の駅に向かう場合、いったん下り列車に乗って終点駅に行き、上り列車に着席して目的の駅に向かうという行為を「折り返し乗車」と呼ぶのだそうです。そのまま普通に上り列車に乗ると混雑しているので、一旦終点に戻りガラ空きになったところで座って、改めて目的の駅をめざすもので、「座る」というメリットの為に行うのですから、それなりに終点に近いところにお住いの方がこのようなことをするのでしょう。

こうした行為は聞いたことがありましたが、不正だとは思っていませんでした。正直、改札から出なければ、何処へでもいけるくらいに思っていましたが、一旦戻って乗った駅まで戻る往復分の乗車券も購入しなければいけないのだそうです。通勤でこのような経路を使用している方の中にはちゃんとその分の定期券を購入している方もいるのだそうです。

記事にはみなとみらい線御堂筋線東京メトロと様々な例が挙げられていましたが、なんとなく違和感を感じていました。「座る」というメリットを得るために、一度終点に戻り、下車して並んで、次に来た電車に乗る。しかし、その電車も座れるかは分からない。時間的には結構なロスになると思います。問題視されるほどやっている人が多いとは思えないんですよね。

そんなことを考えていたら、西武線の例が挙げられていました。西武新宿線では、高田馬場〜西武新宿間での折り返し乗車が多く、高田馬場駅から所沢方面に帰宅する人が、いったん西武新宿駅まで行って着席するということです。。西武鉄道は「直接的な呼び掛けなどは実施しないものの、整列乗車を実施している」とコメント、列車が到着すると全員を降車させて、改めて乗車してもらうのが整列乗車ですが、整列乗車では、着席するためには次の列車を待つ必要があるため、折り返しのメリットは得にくいとありました。

私は西武池袋線ですが、終点近くで育ったので、西武線といえば整列乗車が当たり前、他の路線の終点の駅でも同様のことをやっているのかと思っていました。しかし、どうもそうではないようです。終点に向かって到着したら列車から降りることなく、すぐさま座ってしまうのですね。通勤と逆方向なら乗って座ってそのまま折り返しも可能なのでしょう。それは確かに楽ですね。そうなると利用者も多くなるのでしょう。

鉄道会社は対策を明らかにしていないとのことですが、確かにこれをチェックするのは難しいでしょう。西武線の整列乗車が一番よさそうですね。因みに私自身は通勤でこうしたことをすることはありませんが、寝過ごして、また戻るなんて行為はちょいちょいあります。各社整列乗車を徹底してくれて、終点で寝てたら起こしてくれるといいのですけどね。西武線では何度か起こしてもらったことがありますが、先日は池袋から入間に戻ってしまったなんてこともありました。これも不正になってしまうのかと思いましたが、「行き先を間違えた場合」や「うっかり乗り越してしまった場合」は不正にはならないのだそうです。取り敢えず一安心ですが、終点で起こすことを徹底して頂けると助かります。