ぬかぬかしてきた

そういえば、巷では発酵食品が流行っている。

我が家でも母親が手術後の排便が困難になっており

少しでも改善すべくヨーグルトや納豆なんかを食べさせている。

が、ここにきてもう少し発酵食品を増やしたいと思いはじめた。

発酵食品は一括りにしても実は何の菌を使うかによって

効果は変わってくる。例えばヨーグルトを発行させる

エルカゼイ菌などは動物性の菌、納豆は納豆菌、味噌は酵母菌。

数多くある菌の中でも腸内フローラを調整するために

大きな力を発揮するのが乳酸菌である。

その乳酸菌をたくさん食べられるのが

ぬか漬けである。ぬか漬けは酵素もたっぷり含まれるため

スーパーフードとして海外でも注目されているようだ。

そんなわけで、我が家でもぬか漬けを作ることにしたのだ。

ぬか漬けを作るのは簡単ではない、が、一度ぬか床を作っておけば

いろんな野菜を漬けて食べられるしコスパも良いのだ。

冷蔵庫の中で保管していれば使用する塩分は半分でもOK。

糠を発酵させるためには1週間ほど必要だし

毎日混ぜる必要がある。この混ぜる作業は必ず素手でしなければ

上手く発酵しないらしい。おそらく手に付着している菌も

糠を発酵させるために有効なんだろうと思う。

いつもは何をやるにも消極的な母親が

ぬか漬けを始めると言うとえらい喜んだので

まぁ頑張っていっちょ漬けてみることにする。

広告を非表示にする