5月25日(木)の日記 明治三十五年旧七月十六日

 今朝の香川は昨日からの雨が降り続いています、今朝の気温は18℃もあり暖かな気温です。

2日続きで雨の為ウオ−ク出来ずですので過去のお花をご覧下さい。

さて明日26日は新月です、お約束しておりました新月の無料みてしろお取次ぎを21時よりさせて頂きます。

みてしろお取次ぎとは創造主であるの国常立尊大神様へ皆様の願い事をお取次ぎさせて頂くことです。

お困りごとがある方、新しい願い事がある方もメッセ−ジ願います。

ご病気でお困りの方は病名も詳しくお願いします。

ご縁ある方のご参加お待ちしております。(o^―^o)ニコ

さてさて、今朝も生かさせて頂いた事に感謝し、今日一日、明るく、元気に、前向きに、真剣に生かさせて頂きたいと思います。

今朝も素敵な一日の始まりです、キッと善い事が雪崩のごとく起こります。

 あ〜りがたや、ありがたや〜♪で〜〜〜す。・・・ワク♪ワク♪ドキ♪ドキ♪ルン♪ルン(^^♪

では大本神諭の続きです。

明治三十五年旧七月十六日

 うしとらの金神が現はれて、二度目の世の立替の守護を致すから、是迄とは何彼の事が変るぞよ。明治三十五年の七月十五日の有明に、勿体無くも天照皇大神宮殿が出口に御憑り遊ばして、御歓びでありたぞよ。出口は勤め振りが善いと仰せ有たぞよ。皆行状を易て貰はんと、神の威勢が出んから心得て下されよ。是迄の世の行いを致して、艮金神を開きに行ても、宜い耻晒しに行くのであるから、夫れで開きに出るで無いとクドウ申したのじゃぞよ。今迄の教会のやりかたで、綾部の教を混交にいたして開くのなら、世の立替でないぞよ。是までの行り方が不可に由って、世の立替をいたす綾部の大本へ来て、今迄の行り方で行けさうな事はないで無いか。同じやりかたなら骨は折んなれど、今の教会の行方は誠に醜劣きぞよ。此の大望な世の立替を致すには、所々方々に神柱を建て、神の取次ぎを為して在るなれど、余り世が曇りておる故に、誠の者が何処にも無いので、此綾部の大本は何彼の事が違ふぞよ。

今朝の大本神諭はここまでです。

今日一日「素直に 明るく 元気に 前向きに」真剣に生かさせて頂きます。

惟神霊幸倍坐世

では皆様、素敵な一日をお過ごし下さい。(o^―^o)