#NowPlaying King Crimson Larks Tongues In Aspic, Part I (1973.10.15) Santa Monica CA, USA

#NowPlaying King Crimson Larks Tongues In Aspic, Part I (1973.10.15) Santa Monica California, USA

Highland HL161 Halfcut Diamond

1973年秋の米国公演十九日目(最終日)。

この演奏はユーチューブ

https://www.youtube.com/watch?v=EClNI0Yn1HM

で聴けます。

聴衆の歓声がたっぷり聞えるオーディエンス録音の海賊盤で、この年(1973年)春〜初夏公演での演奏より数分短く物足りませんけど、迫力は十分です。

この曲は1973年1-2月にCommand Studios, London で録音され、1973年3月23日に発売されたアルバム Larks Tongues in Aspic (邦題『太陽と戦慄』)のA面第一曲、オープニングナンバーでした。

初演は1972年10月13日 Frankfurt, Germany (1972年秋の新メンバーでのヨーロッパ公演初日)。

Robert Fripp - Guitar, Mellotron

David Cross - Violin, Mellotron

John Wetton - Bass Guitar & Vocals

Bill Bruford - Drums, Percussion