読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【昼寝をすれば夜中に】君はうれしさあまって気が触れる【眠れないのはどういうわけだ?】

ーーーーーーーーーーーーーーー

さて、先日 Coccoセッションにいってきた。

焼け野が原 ポロメリア 樹海の糸

結局大学生当時大好きだった物を 多少は弾けるようになったということか。

今更ながら ちゃんと楽譜通りに弾こうキャンペーンを展開中。

本当にちゃんとやろうとすると bpm 80 って恐怖だよ。

こういうことを高校生の頃の俺に 教えてやりたい。

毎回 新しい解釈や、プレイや機材の発見がある素敵なセッション。

私には一発合わせでライブ並の出来を求められるのは 荷が勝ちます。

2週くらい演奏出来ると やっと暖まります。

ああ バンドでCoccoやりたいなあ。

願わくば 表現は病的に。

本当に願わくば バンド運営は健全に。

-----------

心の芽生え 嘘でも良いの 私は 少し病気です。(朱い鳥 椿屋四重奏

笑うセールスマンのリメーク 今期 テレビでやってます。

禁止されても 弱い方低い方に流れて行ってしまう 人間の悲哀。

そして ぬかるみの幸福でふやかされて増長したところに

やがて来る破滅 ドーン。

オチは、徹底的に救いのない時もあれば

一見、いびつでも時に本人だけは幸せになっているものだったり。

オリジナルは平成一桁 深夜アニメという言葉がなかった時代。

ぎみあぶれいく という22時台のテレビでやっていた。

今回はオリジナルほどの毒は 残念ながら感じられない。

現代では放送できないほど、いろんな形の破滅があった。

くっついて物理的に離れられなくなった不倫カップルや、本当にナマケモノになってしまった父親 とか。真珠のネックレスが扉に挟まったまま上昇するエレベーターなど。

子供心にやや トラウマスチックだった。

強い恐怖から、禁止や禁忌が生じる。

弱いのび太が救済されたとみせかけて 徹底的に破滅するだけの反動付けて床にたたきつけられる リアル。

あれは、大人のドラえもんだったのだ。

いろんなものを学んだ。

毒にもならないものは薬にもならない。

宝島についた頃 のお姫様が 今頃何をしているか。

反面、島を出た王子様は 立ち寄った港で 何をしているか。