アタカマ砂漠(チリ) 死ぬ前に見たい、星降る砂漠

アタカマ砂漠(チリ)

縦に細長いチリの国を北上するのも今日で最終日。

アタカマ砂漠(アタカマさばく、スペイン語:Desierto de Atacama)はチリのアンデス山脈と太平洋の間にある砂漠である。全体の平均標高は約2,000mにも達し、その過酷さからアタカマ砂漠への道は「死への道」と恐れられた。砂漠内にはオアシスがあり、東西交易の拠点としてアンデス山脈と沿岸を結んでいる。世界で最も降水量の少ない地域として知られる

東西の幅は平均160kmに満たない一方、南北の広がりは1000kmあり長大な盆地状をなす。アンデス山脈と海岸の山地によって湿った空気が遮断されているため世界でも最も乾燥した砂漠であり、40年間まったく雨が降らなかった地域もある。不毛で岩塩や石灰の堆積層で覆われている所が多く、銅・銀・ニッケル・リチウムなどの鉱物資源に富んでいる。天然の硝酸ナトリウムチリ硝石)の産出は世界最大であり、1940年代初期まで大規模に採掘されていた。また、世界最大のリチウム産地である[2]。代表的な寒流であるペルー海流が作る西岸砂漠の一つである。約5000もの地上絵がある。この地上絵はナスカのような巨大な地上絵ではなく、また斜面に描かれている。

中華人民共和国新疆ウイグル自治区にあるタクラマカン砂漠と同じような盆地型高地砂漠である。海岸沿いに形成された山地とアンデス山脈によって挟まれた地形をなす。これはナスカプレートが南米プレートの下に沈み込むことによって形成された初期造山運動によるアンデス山脈と、その後に生じた造山運動による海岸線の隆起によって挟まれた地形のためであると推定されている。

そのためアタカマ砂漠内にはかつて海であった証拠として中央部の低地帯にアタカマ塩原が形成され、ここを中心として岩塩や石灰からなる山地が形成されている。

アンデス山脈に近い地域では、山頂の雪解け水によって地下水脈が形成され、標高の低い地域では、それが地上に湧き出してオアシスが形成される。このオアシスには集落が形成されて、アタカマ砂漠を横断する交通及び商業の要衝となっている。過去に栄えたインカ帝国でもこのオアシス間の交通を重視しており、ペルーのインカ道とならびアタカマ道と呼ばれる。

オアシス間を結ぶ道路はアタカマ道に沿って国道が整備されており、舗装されている箇所とされていない箇所がある。

オアシスの恩恵を受けられない場所ではロア川(en)を水源にしているが、近年の地球環境の変化や、上流部で鉱山開発や都市化のために取水量が激増した影響で下流部の水不足が深刻化している。

アタカマから南へ110km、標高4千m超に位置し、コバルトブルー、エメラルドの水を湛えた美しい湖達。 澄み切った空気の中で、空との境界をはっきり浮き立たせるミスカンティ山(標高5,622m)等に囲まれ、空よりも碧々とした水を静かに湛えるその姿は、清々しく威厳すら感じさせられます!

湖の周りには草を食す可愛らしいビクーニャ達の姿も。