適応障害

最近はなるべく日記を

ちゃんと書こうと思っている。

少しずつだけど、

記憶が失われていくような気がする

自分が居て、少しだけ怖いから。。。

昨日(28日)に社内カウンセラーさんと

今後の事について詳しく打合せの

段取りをしていた。

30日に総務部長を交えて三者打合せで

私のリハビリのゴールまでの筋を決めるためにだ。

そこで私は心の感情がまるで

テレビのチャンネルをザッピングするように

ガチャガチャと切り替わっていった。

私の変化の驚きぶりにカウンセラーさんを

泣かせてしまった。互いに泣いた。

そして私の忘れっぽさにも気づいたようで

何度も同じ話をしていたようだ。

次の日

心療内科で昨日の事を話した。

結果は…

忘れっぽさは睡眠薬による副作用

「健忘症」が出ているとのこと。

感情の起伏は家庭環境・仕事環境の

めまぐるしい変化とそれに加えて…

私の性別違和と精神病の

「知って欲しさと承認欲求

が強く出ているからだという。

再カウンセリングと診断の結果…

前のクリニック→単極性うつ病

今回の診断結果→適応障害

となった

この日記を書く前に

適応障害の記事を幾つか読んでみた。

なるほど…まるで全て自分に当てはまる。

先生の言葉のキツさは少しだけ

癪に障るものの判断は正確ということだね。。

さて明日(今日)は三者会議。

いざ次のステップへ。

広告を非表示にする