読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【LibertyWEB】日仏が原子力分野で協力確認 高速増殖炉の未来はどうなる

【LibertyWEB】日仏が原子力分野で協力確認 高速増殖炉の未来はどうなる

フランスを訪問中の安倍晋三首相は、オランド大統領との首脳会談を行い、日仏の原子力分野での協力を確認しました。

日仏間では、原子力発電所の使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」政策についての協力が計画されています。日本の高速増殖炉もんじゅ」の廃炉が決まったことで、フランスが計画する実証炉「アストリッド」の研究開発に協力し、核燃料サイクルの技術を維持・発展させたいとの狙いです。

⇒日本の高速増殖炉もんじゅ」の廃炉が決定しました。それは福島第一原発事故以降、再稼働の条件として原子力規制員会が定めた厳しい条件をクリアすることを求めていたためです。

しかし、「もんじゅ」はあくまで実験炉。本来、トラブルを経験して技術的な改善をするために作られているものです。「トラブルがない」ことを再稼働の条件とすれば、クリアできるはずがありません。

核燃料サイクルについての日本の技術を維持・発展させるためにも、フランスとの協力には大いに期待したいものですが、国内での研究開発の体制にも見直しが必要でしょう。

【関連記事】

2017年2月号 未来産業のたまご 第11回 - なぜ、研究者は諦めないのか 燃料を増やし続ける「夢の発電所」 高速増殖原型炉「もんじゅ

http://the-liberty.com/article.php?item_id=12335