読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

因果応報のリアルを目撃する

WBCは残念な結果でした。

トランプ政権が立ち行かなくなったらと

思うと相場の行方が気になります。

籠池疑獄はどうなるのか?

不正受給のこども園はどうなるのかな?

何だか世相でもやもやする事が多い

styacoolです。

UAEに居ますが、

早朝からもやもやとさせられました。

朝の4時台にアブダビに到着

Etihadのフルフラットは相変わらず快適でしたし

Diningは、好きな時に好きなものを・・

夕食は周りの皆さんがフルコースに近いものを

戴いているいるのを尻目に

スムージーとナチュラルヨーグルトにしました。

ラウンジで食べ過ぎたツケを払わされましたね。

降機するとアウディプレステージクラス

そのあとにバスが何台か待機

ファーストクラスの方々は颯爽とアウディ

ビジネスの面々は大きなバスにゆったりと搭乗

その他の人達はギチギチのバスへ詰め込まれ・・

海外の空港でよく見る資本主義を象徴する光景

皆が平等で・・などというのが幻想である事を

肝に銘じさせられる瞬間ですね。

早朝で何も動いていない事もあり

EtihadのArrivalラウンジへ・・・

ビジネスの面々は、皆スルーして帰途についていきました。

私は時間調整のために

アブダビに1泊

今回はEtihadのComplimentary

幾つかあるラインナップから選べます。

今回、選んだのは

アブダビでNo1の呼び声高い

「Jumeirah at Etihad Towers」

2011年竣工のコンプレックスビルディング

Office、高級ショッピングモールとホテルが混在

さすが、レセプションからして

全く異なりました。

その後アテンドした美人さんに

隅から隅まで教授して廻ってくれました。

プライベートビーチあり

プールには白人さんが我が世の春を謳歌

オフィス棟のオープンスペースでは

絵に描いたようなアラブ人が

様々な国籍の人とパーティーをしていました。

Siemensのようでしたね。

砂塵舞う市内は

スーパーカーや超高級SUVがバトル

アブダビは今まさに進化を遂げている途中のようです。

そんな中で

朝、空港で拾ったミニバンのタクシー

8人は乗れるかという車体に私ひとり

行先を告げると猛然とスタート

暫く走ったところで何だか微妙に

方向のずれを感じました。

ちょっと反応を見るために

空港からホテルまで20分程度でしょ。

順調に走ってもう30分経過してるけど

どこを走っているのかな?

すると見破られたと思ったのか

この時間は御馴染みに道は渋滞傾向だから

こちらの道を選んだとか、普通だよとか言っている。

アブダビはもう10回以上来ているから

おかしなルートを通れば分かるのだけれども・・

実際は、今回が3回目ですが、

ドライバーの顔色が変わったのを見逃しませんでした。

すると、イヤホンを外して電話を始めました。

その瞬間、左車線から鋭く日産のインフィニティが

加速してきたと思ったら覆面カーでした。

路肩に誘導され、うなだれるドライバー

覆面車両の脇で何やら言い訳がましい事を言っているのか?

最後は堪忍した様子でため息をついていました。

「だから言ったでしょう!罰金はいくら?」

「あなた、敬虔なムスリムでしょ!」

するとドライバーはイヤホンならOKだけど

何故か魔がさしてイヤホンなしで電話してしまったんだ・・

罰金は200AED(※1AED=30円程度)

その後、言葉が少なりましたが、

到着する少し前に

「給料が少ないんだ」と独り言のように

言っていたのが可哀想でした。

メーターは115AED

通常であれば、半分程度で着きます。

厳しく50AEDを投げつける事もできましたが、

何だか可哀想だったので

100AEDを置いて降りました。

不足分を請求されなかったのは

わが身の潔白を証明できない事の証明でしょう。

因果応報とはさまにこの事

ちょっと忘れましたが、学生時代に

ムスリムからこれに似た諺があると

聞いた事があります。

ビジネスは誠実にやりましょうね・・

という事だと思います。