フラワーC

中山メーン11R「G3・フラワーC

現状で2番人気のデアレガーロ、この馬主はサンデーR…代表は吉田俊介…つまりサンティールの馬主の吉田勝巳の息子だ。サンデーRは、困った時の外人頼み…新馬を勝った田辺ではなくてルメールに依頼した。吉田一族の個人的所有馬よりも、クラブ競馬としては一口馬主達に配当を払う必要はある。その田辺は、ノースヒルズブライトラインテン乗り。しかし、ノースヒルズは重賞で絡んだばかりなので…残念ながら要らない。サンデーRよりも一歩下がってキャロットFがある。キャロットFのディーパワンサは、オープン特別を勝っているルメールではなくて…内田博でお茶を濁した。吉田勝巳のサンティールは、津村がテン乗りに。根岸Sを勝ったカフジテイクが、本番であるフェブラリーSでは福永から津村に…格を落としたのは記憶に新しい。シーズララバイの馬主は吉田千津、天下の社台三兄弟の長男照哉の妻…つまりサンティールの馬主の吉田勝巳の義理の姉であり…デアレガーロの吉田俊介の叔母だ。ドロウアカードの馬主はG1レーシング、代表は吉田正志…吉田三兄弟の三男の晴哉の息子…つまりは俊介の従兄弟であり…吉\xC5

直〔Δ箋氾沈蘢鼎留硑短劼澄◀海鵑\xCAG3だが、わざわざ関西から武豊を連れてきた。しかし、あの武豊が…社台系で重賞をメイチで走るだろうか。

さて、このフラワーC桜花賞のトライアルではないが、一応は賞金3500万円の重賞ではある。言い方を変えれば、天下の社台グループとしては余り興味の無い番組。そもそも、トリッキーな中山芝内回り9Fで勝つ事には、生産界としては重要視はしていない。ところで、現状で1番人気のファンディーナの馬主はターフS。昔は社台グループとの結び付きがあったが、最近では中小の牧場…特に浦河系の牧場を救済している。この先のG1…クラシックを見据えた時、馬主のターフSにしても高野調教師にしても…残念ながら家賃が少々高い。深読みすれば、社台系列が興味が薄い番組だからこそ…こんな零細なグループに主張は許されるだろう。社台系が控えている空気を読んだからこそ、公営金沢の馬まで、わざわざ吉原を連れて挑戦させてきている。岩田から川田に替えて、再び岩田に戻してわざわざ東上させてきたファンディーナ。ちなみに川田と岩田の深い信頼関係は、アドマイヤ軍団でも培われている。社台系が控えているならば、やはり一番怖い馬主が、金子真人という事に。管理する堀調教師といえば、美浦トレセン内では有名な策士だよ。つま\xA4

蠅蓮△海諒◉┐奮┸泙鮟颪い督汗阿垢詛塾呂了鈇措腓澄2召房丗羞呂ⅴ気┐襪箸垢譴弌"貶盍岼磴┐弌鎮羮侗惑麓腓離❺船鵐馨”蕕砲發覆襦E賈㌍Ĺ困離函璽曠Ε▲ぅ譽垢蓮⊆禿珍韻ⅰ氾直〔Δ離掘璽坤薀薀丱い望茲蕕兇襪鬚┐此△錣兇錣狗睫樟亀舛縫謄鷯茲蠅念様蠅髻\xA3

馬の能力を度外視して、今回は複雑な馬主経済の構図を示してみた。以上の事を踏まえて…

◎12ファンディーナ 岩田

○5デアレガーロ ルメール

▲10ハナレイムーン シュタルケ

△1ディーパワンサ 内田博

△4サンティール 津村とかいう三流騎手

●7トーホウアイレス 蛯名

◎→○→のラインは人気サイドで妙味も乏しいだけに、勝負は◎→▲→のラインかもしれない。

〜続く〜

広告を非表示にする