ヒラマン3章

01 さて、裁き司の統治第四十三年には、ニーファイの民の中に全く争いがなかった。ただ教会員の中に少し高慢があり、それが民の中に多少の不和を引き起こしたが、第四十三年の終わりにはその問題は解決した。

02 また、第四十四年には民の中に全く争いがなく、第四十五年にも酷い争いはなかった。

03 さて、第四十六年には、酷い争いと多くの離反があった。その為に、ゼラヘムラの地を去り、北方の地へ行ってそこに住もうとした者が非常に大勢いた。

04 彼らは非常に遠くまで旅をし、幾つもの大きな湖沼と多くの川のある所に着いた。

05 そして、彼らはその地の全域に広がった。以前にその地に住んでいた多くの者の為に荒らされておらず、樹木もなくなっていない方々の地方に広がった。

06 その地はどこも樹木の他は少しも荒れていなかった。しかし、前にその地に住んでいた人々の滅亡が酷かったので、荒れ果てた地と呼ばれた。

07 その地の面には樹木が殆どなかったので、そこへやって来た人々はセメントの工事が非常に上手になった。そこで彼らは、セメント造りの家を建てて住んだ。

08 そして彼らは増え、広がり、南方の地から北方の地へ移り、広がったので、南の海から北の海まで、西の海から東の海まで、全地の面を覆い始めた。

09 北方の地にいた人々は天幕やセメント造りの家に住んでいた。そして彼らは、その地の面に生える木はどんなものでも育てるようにして、将来材木を得て自分達の家を建てられるように、真に自分達の町を築き、自分達の神殿や会堂、聖堂、その他あらゆる建物を建てられるようにした。

10 そして、北方の地には材木が非常に乏しかったので、南方の地の人々は船で多くの材木を送った。

11 このようにして、彼らは北方の地の人々が、多くの町を木とセメントの両方で建設できるようにした。

12 そして、生まれがレーマン人であったアンモンの民も、多くの者がこの地に移った。

13 ところで、この民の多くの者がこの民の行ってきた事を書き続けてたくさんの記録を残しており、その記録は詳細で非常に大部である。

14 しかし見よ、この民が行ってきた事の百分の一も、本書に載せることができない。即ち、レーマン人についての話とニーファイ人についての話、彼らの戦争と争いと不和、宣教と預言、海運と船の建造、神殿と会堂と聖堂の建設、義と悪、殺人と強盗と略奪、あらゆる忌まわしい行いと淫らな行い、これらについての話の百分の一も載せる事はできない。

15 しかし見よ、多くの書とあらゆる多くの記録がある。これらは主にニーファイ人が書き記してきたものである。

16

広告を非表示にする