米国の不法移民問題と日本の実情

米国の不法移民問題が想像以上に酷いことを理解しました。

不法移民を保護する聖域都市の存在、不応移民のために使われる一般市民の多額な税金。

トランプ大統領による強引な移民対策はとても褒められたものではありませんが、なぜ米国民がトランプ氏を大統領に推したのか、その一端が見えてきます。

日本の大手マスゴミによる「報道しない自由」により日本人には殆ど知らされていなかった事実に驚きました。

だからといってトランプ大統領による強引な手法を支持するわけではありませんが…。

http://toyokeizai.net/articles/-/162181

翻って、日本を見てみるとどうでしょうか。

日本人や他の外国人には認められていない特権を持つ在日韓国・朝鮮人が49万人もいます。

在日韓国・朝鮮人の人口↓

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA

在日特権

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9

法の下の平等は、法治国家として絶対に守らなくてはならない最も重要な事項の一つになります。

戦後様々な事情にてお目こぼし的になされ続けてきた在日特権ですが、いくら何でもこれを今後続けることは許されません。

日本人に対する(在日韓国・朝鮮人以外の外国人に対しても)差別に他なりませんから。

三店方式などという詭弁で許されているパチンコについても是正すべきです。

三店方式

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%BA%97%E6%96%B9%E5%BC%8F

これが許されるのなら、中間媒体さえ使えばいかなる換金可能なギャンブルも許されることになります。

もしパチンコをこのまま存続させるのであれば、他の全てのギャンブルに対しても三店方式を認めるか、さもなくばパチンコを換金不可能な遊びにすることが必要です。

日本を真に法の下に平等な国にするために、上記二項は必須であると考えています。