肺疾患予防 運動が有効 喫煙原因のCOPD ホルモン作用

喫煙が主原因の慢性閉塞性肺疾患は、運動をすると分泌されるホルモン「アイリシン」の働きで予防できることが分かったそうですが、卒煙することが重要です。

日本は在日欧米人から喫煙天国と揶揄されるほどの禁煙後進国です。世界49カ国では、医療機関や大学・学校、飲食店、公共交通機関などの公共の場で屋内全面禁煙の法規制をしていますが、日本は努力義務だけで、受動喫煙対策もほぼ放置状態なのに、改正案にも反対意見が続出しています。

このままでは4年後の東京オリンピックでは世界中に大恥をかきそうです。

続きはブログへ

http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201703110000/